FEIC 古河電工産業電線株式会社 古河電工産業電線株式会社
古河グループ
ホームサイトマップお問い合わせ
会社情報ケーブル 製品採用情報お取引先・関連企業
会社情報

品質管理

最新機器と管理技術で徹底した品質管理を実施し、
製品の信頼性を高めています


1996年12月にISO9001の認証を取得、さらには1997年6月にNQAS認証を取得するなど、優れた品質マネジメントシステムのもとに万全の品質保証体制を構築しています。
品質管理


グリーン調達活動

当社は2001年4月のグリーン購入法施行時から、グリーン調達の推進に取り組んでいます。環境保護の取り組みとして「環境に配慮した資材」を優先的に採用していきます。
全工場におけるISO14001の認証取得を2003年6月に完了しました。
ISO9001、ISO14001


2017年度 環境方針

当社は、北陸工場・栃木工場・平塚工場および九州工場の4工場で生産活動を行ない、 各種用途の産業用電線ケーブルとそれに付随する加工品を開発・製造している。 これらの4工場の生産本部内で実施される活動及び協力業者を含む従業員は環境保護に対して 重要な位置づけおよび責任を持つべき部門であることから適用範囲と定め、以下に基づく 環境マネジメントシステムの継続的改善及び汚染の予防を推進し、真に豊かで持続可能な 社会の実現に貢献することを約束する。


  1. 環境保護と環境管理システムの持続的改善

  2. 当社の原材料の購買・製品の開発・生産・流通・サービスの各段階の活動が地球環境に与える影響(資源枯渇、環境汚染他)を常に認識し、従業員全員で環境保護に努めるとともに、環境管理システムの持続的な改善を図る。

  3. 環境関連法規制・要求の遵守

  4. 製品の開発・生産およびサービス活動において適用される環境法規制、顧客の要求事項等を遵守するとともに、自主的な基準を設定して管理レベルの向上を図る。

  5. 環境目標設定と全従業員参加による環境保護の継続的向上

  6. 環境方針達成のため部門毎に環境目標を設定し、全従業員が積極的かつ計画的な活動の推進により、環境パフォーマンスの達成と環境保護の継続的な向上を図る。

  7. 環境教育

  8. 環境管理に関する意識高揚のため、全従業員に対し環境方針の周知と教育を行なう。また環境方針は協力会社にも伝達し協力を要請する。

  9. 情報開示

  10. 環境方針は社外にも開示する。また地域社会とのコミュニケーションを積極的に行ない、地域社会との連携を図る。

  11. 重点実施項目
    1. 資源の有効利用と廃棄物削減・再資源化。
    2. 地球温暖化防止のための省エネルギー推進。
    3. 大気汚染防止のための揮発性有機化合物削減。
    4. 水資源の有効利用。
    5. 環境に配慮した環境負荷の少ない製品の開発と提供。
    6. 環境事故・異常の防止

2017年 4月 1日
古河電工産業電線株式会社
生産本部長 相原 一弘 


戻るページの先頭へ
会社情報トップへ

古河電工産業電線株式会社社長メッセージ
古河電工産業電線株式会社会社概要
古河電工産業電線株式会社沿革
古河電工産業電線株式会社古河電工グループ理念
古河電工産業電線株式会社古河電工グループのCSR基本方針
古河電工産業電線株式会社品質・環境